vol.7

飼い主検定試験 「高齢化問題」

ペットの世界でも長寿化が進む昨今、この機会に、日々の暮らしのこと、食事のこと、病気のこと・・・、
ペットの高齢化問題についていっしょに勉強しませんか?

<生活編>
Q1
一般的に高齢犬・高齢猫と呼ばれる犬の年齢は7歳頃から。 (YES  NO)
Q2
犬、猫の平均体温は一般的に38〜39度前後。 (YES  NO)
Q3
年をとると、犬や猫も歯が抜ける。 (YES  NO)
Q4
犬や猫は老化がすすんでも、脱毛はするが白髪にはならない。 (YES  NO)
Q5
老犬や老猫になると、体質的に目やにが出やすくなる。 (YES  NO)
Q6
猫は高齢になればなるほど、自分でグルーミングをしなくなるので、頻繁にシャンプーをしてあげるとよい。 (YES  NO)
Q7
寝てばかりいる老猫は、脳に刺激を与えるために起こしてあげなければいけない。 (YES  NO)
Q8
老犬の健康のためにも、散歩はこれまで通りの距離や時間を守ることが大切。 (YES  NO)
Q9
年をとると、被毛のつやが悪くなり、抜け毛が増えてばさついてくる。これは、長毛種のオスに早く現れるといわれている。 (YES  NO)
Q10
老犬になると、暑さ、寒さもこたえるようになるが、一般的に犬は、どちらかというと、暑さに強く、寒さに弱い。 (YES  NO)
Q11
老犬・老猫用のシニアフードは一般のフードと比べて、脂肪分を高く保ちながら低カロリーである。 (YES  NO)
Q12
老犬・老猫の1日の食事回数は、1回よりも何回かに分けて与える方がいいといわれている。 (YES  NO)
Q13
犬、猫の長寿化が進んでいるが、ギネスにのっている長寿猫の年齢はなんと29歳! (YES  NO)
<健康・病気編>
Q14
犬が「痴呆」になると、ひたすら眠り続ける症状が見られるのが一般的。 (YES  NO)
Q15
犬の痴呆は、人でいう「アルツハイマー型」が多い。 (YES  NO)
Q16
統計的に、外につながれている外飼いの犬と、室内飼いの犬では、どちらかというと外飼いの犬のほうが「痴呆」の症状になりやすい。 (YES  NO)
Q17
猫はよく眠るため、犬と違って「痴呆」にならない。 (YES  NO)
Q18
犬と猫では、犬のほうが「乳腺腫傷」になりやすい。 (YES  NO)
Q19
メスに多い「乳腺腫傷」。予防するには、早期避妊がすすめられている。 (YES  NO)
Q20
犬にも、人と同様、生活習慣病があり、糖尿病を患うケースもある。 (YES  NO)
Q21
一般的に猫は風邪をひかないといわれている。 (YES  NO)
Q22
高齢猫に多く見られるF.L.U.T.D.とは、「骨や関節が弱って、脱臼や骨折などをしやすくなる病気」の総称である。 (YES  NO)
Q23
最近、よく見かけるようになった「F.L.U.T.D.」に配慮した高齢猫用フードは、一般のフードに比べ、タウリンを多く含んでいる。 (YES  NO)
Q24
高齢の小型犬と大型犬では、小型犬のほうが「心臓疾患」にかかりやすい。 (YES  NO)
Q25
心臓病や腎臓病など、高齢犬の病気の2〜3割は「歯周病」が原因だといわれている。 (YES  NO)

<回答>
Q1
YES
老化に個体差はあるが、一般的に、0〜12ヶ月までを幼犬・幼猫、1〜6歳までを成犬・成猫、7歳以上を高齢犬・高齢猫とよんでいる。
Q2
YES
朝と夕方では体温がちがうので、測るときは決まった時間に測ること。
Q3
YES
歯の衰えは歯周病が主な原因。子犬・子猫の頃から歯のケアの習慣を。
Q4
NO
脱毛や白髪のほかにも皮膚の乾燥により、フケ、かゆみ、ぱさつきなどの症状もみられる。
Q5
YES
これは、体の代謝が低下するため。飼い主さんが注意して清潔にしてあげよう。
Q6
NO
抵抗力の衰えた老猫は風邪をひきやすく危険。ドライシャンプーや蒸しタオルなどで清潔にしてあげよう。
Q7
NO
とくに老猫は無駄なエネルギーを使わないように、寝てライフスタイルを調整しているのでむやみに起こさないこと。
Q8
NO
老犬の体を第一に考え、無理はさせないこと。散歩・運動のしすぎに注意。
Q9
YES
短毛種より長毛種、メスよりオスにその兆候が早く現れるといわれている。
Q10
NO
どちらかというと、暑さに弱く、寒さに強い。が、もともと体温調節が得意ではないので気温の変化には十分な注意を。
Q11
NO
シニアフードは、一般のフードに比べて低脂肪、低カロリー。消化吸収もよい。
Q12
YES
肥満予防やお腹に負担をかけないよう、分けて与えることがすすめられている。
Q13
NO
なんと、36歳らしい・・・!
Q14
NO
徘徊、夜鳴き、遠吠えなどの症状がみられるケースが多い。
Q15
NO
犬の痴呆は主に脳神経細胞の老化によっておこる。動物に「アルツハイマー型」の痴呆はないといわれている。
Q16
YES
常にコミュニケーションをとって、刺激を与えることが大切。
Q17
NO
猫の場合は犬ほど、はでな症状は少ないが痴呆症になるケースも。ただ、眠りほうけていることが多いので犬ほど目立たない。
Q18
YES
乳腺腫傷になると、犬で5割、猫で8割以上が悪性であるといわれている。
Q19
YES
初発情までに避妊手術をすれば、乳腺腫傷の発症の確率はかなり低くなるといわれている。
Q20
YES
多飲多尿の症状を現す病気の代表格が「糖尿病」である。
Q21
NO
鼻気管炎などにかかると、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、食欲不振など人の風邪と同じような症状がでることもある。
Q22
NO
F.L.U.T.D.とは「猫下部尿路疾患」の略語。オシッコが出にくくなったり、尿道がつまったり、血尿が出たりする、猫がかかりやすい泌尿器系の病気をさす。
Q23
NO
一般のフードより、マグネシウムを適度に制限しているのが特徴。
Q24
YES
日頃の定期検診で早期発見を。
Q25
YES
猫にも見られ、様々な病気の引き金になるといわれている。

20問以上  特 級
10〜19問  合 格
9問以下   再試験
あなたの高齢犬・高齢猫に関する知識は特級レベル。あなたは、高齢ペットをしっかり包み込む愛情と知識を持ち合わせたスーパー飼い主さん! 合格!ペットへの愛情はもちろん、高齢犬・高齢猫に関する基本知識はなかなかのもの。さらに、磨きをかけて、めざせ、スーパー飼い主さん! 惜しくも不合格なあなたは、知識よりも、本能と愛情で高齢ペットを包み込むタイプ。合格めざして再チャレンジだ!